弁護士費用について

費用の一覧表(PDF)

PDFのアイコンをクリックすると開きます

《 相談時にかかる費用 》

相談料

 30分につき5,000円(税別)

*千葉県弁護士会の法律相談制度、日本司法支援センター、保険会社(弁護士特約)を利用してのご相談の場合等、ご負担頂かないですむ場合もあります。相談予約時にご確認下さい。

《 依頼時にかかる費用 》

1 着手金

事件等を依頼されるときに、委任事務処理の対価としてお支払いいただくものです。着手金は審級ごと・手続ごとにお支払いいただきます。

具体的な金額は経済的利益(事件の相手方への請求額や請求された額等)の金額や手続の内容等に応じて定めます。

依頼時に一括でお支払い頂き、その手続・審級の範囲内であれば原則として追加着手金はかかりません。ただし、同じ手続・審級の中で請求内容を拡張する場合等は追加着手金が必要となる場合がございます。

なお、債務整理の場合は事案の性質に鑑みて、分割払いでのお支払いも承っております。

お支払いいただいた着手金は原則としてお返しできませんのでご了承下さい。

2 実費

収入印紙代・郵便切手代・謄写料、交通通信費、宿泊料などに充当するものです。

保証金、裁判所への予納金、供託金などにあてるためにお預かりする場合もあります。

原則として事件のご依頼時に概算額をお預かりします。

事務処理を行う中で不足した場合、別途ご負担いただきます。

《依頼終了時にかかる費用》

報酬金

事件等が終了したとき(勝訴判決・和解成立・調停成立・示談成立などの場合)に、成功の程度に応じて、委任事務処理の対価としてお支払いいただくものです。

具体的な金額は経済的利益(事件によって得た額や相手方の請求を排斥した額等)の金額やかかった期間や事務処理の内容等に応じて定めます。

民事事件を上級審まで引き続いて受任したときの報酬金は、特に定めのない限り最終審の報酬金のみをお支払いいただいております。

なお、債務整理の場合は着手金と同様、分割払いでのお支払いも承っております。

《 その他 》

日当

弁護士がその事務処理のために遠方に出張しなければならない場合にお支払いいただくものです。

片道の移動に要する時間が概ね2時間を超える場合にお支払いいただきます。

 

​*協議のうえ決定した弁護士の費用については、お預かりしている金銭(仮差押・仮処分保証金,供託金,相手方からの支払金など)と相殺させていただく場合もありますのでご了承下さい。